介護士への転職を成功させるためのポイント

 介護士は需要が高く、求人も多いという事で転職を考えている人は多くいます。転職を成功するために必要なのは、まず介護業界の現状を知っておく事です。介護保険制度が2000年に開始され、民間企業が介護サービスを提供する事が認められた事により、一気に業界が広がりました。その後多くの人材が求められるようになり、介護士になろうという人が増えました。

 未経験者の方が介護職に就く事が多くなったのですが、定着率が悪くすぐに辞めてしまう人が多いという問題が起こり、企業側はすぐに辞めてしまわないかを重点的に見るようになっています。そのため、面接などでがんばる意欲をしっかりと見せる事が、重要なポイントになります。

 履歴書を書く際には、あいまいな記述は避け、具体的に自己PRを書くと印象も良くなるでしょう。また転職をする場合は、前職の退職理由を聞かれる事が多いので、この受け答えも大切です。事実を伝える事は必要ですが、ネガティブな理由がある場合そのまま伝えるのは避けた方が無難です。もし人間関係が上手くいっていなかった事を理由に上げると、新しい職場でも上手く人間関係を築けないではないかという印象を与えてしまいます。

 それよりも、新しい職場ではどういった事を学びたいか、介護の仕事を通して将来どういった自分になりたいのかなど、ポジティブな理由を伝えると印象も良くなります。介護職の人材は需要が高いので、こういったポイントを抑えておけば、より良い職場も見つけやすくなるでしょう。